東海地方のテレクラは店舗が減少し、残っている店舗もほとんどありません。しかし、その中でも粘り強く生き残っている店舗があります。

東海地方は、昔はテレクラもあったのですが、近年になってから店の数自体は減っています。もちろんインターネットが普及したことによって、利用者自体はいるのですが、店舗となるとなかなか生き残るのは大変です。

テレクラ業界というのは、入れ替わりがそこまで激しい業界ではありません。風俗などのようにパッとできてパッと潰れるということも少ないでしょう。しかし、着実にその数自体は少なくなっているのが現状です。

今後は、利用者が増加しない限り、もっと店舗が減ってしまう可能性もあります。それは少し寂しい現状と言えるでしょう。

東海地方で生き残っている店舗

東海地方でも生き残っている店舗と言えば、テレクラピノキオなどがあります。これらの店舗に関しては、粘り強く経営していて、実際に未だに生き残っています。

東海地方でのテレクラ需要を考えると、今がもしかすると最適な店舗数なのかもしれません。他の大都市がある地域に比べて少ないことは少ないのですが、利用者の絶対数自体が違うので、逆に安定しているとも言えます。

東海テレクラに今後の活躍にも期待が集まっていると言えるでしょう。

東海テレクラ