ブラック債務者にとって、即日融資という言葉以上に魅力的な言葉はないと感じられるかもしれません。ブラックOKのブラック融資業者の多くは、この即日融資のシステムを採用しています。しかし、ブラック融資にとって即日融資というのはブラックから金利を回収するための口実を作るための罠でしかないので注意が必要です。

金に余裕がなければないほど、急に金が必要になるものです。
融資というのは、依頼されてから審査が入り、審査が通ってからなされるものであって、基本的にはある程度の時間がかかるものです。
いますぐに、どうしても金が必要だ、という人間にとって、融資における「即日」という言葉以上に魅力的なものはないでしょう。

即日融資という言葉に隠された金融業者の罠を見抜く

さて、融資というのは、ある程度余裕を持って、時間をかけて計画的な返済プランをたてたうえで受けるのが基本です。
これらの基本がまるでできていないと、返済能力を超えた融資をなるべくはやく、という借り方をして返済トラブルを起こし、高い確率でブラック認定されます。
さて、「即日融資可能」という言葉を掲げている金融のほとんどは、融資に制限があるブラックを対象にしているブラック融資です。
これらのブラックOKのブラック融資は、「貸したという事実」を手っ取り早く作ってしまって、あとは違法な金利で膨れ上がっていく借金をブラックから回収することで利益を得ています。

ブラック以上に罠にかかりやすい美味しいカモは存在しない

ですから、その戦略である「貸したという事実」を手っ取り早く作るにあたって、「即日」という融資方法はブラックを騙すための罠として、じつに有効な機能を発揮します。
依頼と同時に即日融資してしまえば、あとは金利の蜘蛛の糸に絡まったブラックの残り少ない命をじわじわと奪っていくだけでいいのですから、これ以上に簡単な罠はありません。
ブラックOKのブラック融資を使うのはそもそも考えものなのですが、なぜこういった金融業者がのきなみ「即日融資」を許しているのかを、ブラックは少しばかり考えるべきです。
しかし、急に金が必要なブラックにこんなことを言っても馬の耳に念仏といったところでしょう。